バイナリーオプションとはなんでしょうか?

バイナリーオプションは、もともとヘッジを目的とした将来時点における売買の権利をあらかじめ取引するオプション取引の仕組みをベースに、より個人投資家にわかりやすいサービスとして設計された新しいタイプのFX取引なのです。
バイナリーオプションにはレバレッジがありません。
その為、とてもシンプルな投資を行いやすいのが魅力です。

私もバイナリーオプション経験者ですが、取引の内容もとても明瞭で分かりやすいと思います。
特にバイナリーオプションの代表的な取引形式であるハイロー形式。
その形式で最初はギャンブル感覚で始めましたが、ギャンブルではありません。
シンプルなルールだからこそ、そんな感覚になりますが経済の流れを読む目が必要だと実感しました。

「ルールが簡単=必ず儲かる」と言うことではありませんので、自己研鑽を怠らずに相場に関する知識や勘を養うことが重要です。
出典:バイナリーオプションの人気ランキングとバイナリー業者比較

通常のFXではレバレッジがあるので、資金よりも高額な取引を行う事ができます。
それがFX最大の魅力であるとも言えますが、失敗した時のリスクも大きくなりやすいのが欠点です。
しかしバイナリーオプションなら取引の開始時に購入金額を払い込んだ時点で最大損失額が確定し、後はその予想結果次第であらかじめ定められたペイアウト倍率で払い戻される金額との差額が損益となります。
簡単に言うと資金がそのまま取引金額になるので、それ以上の損失を作らずに済みということです。

バイナリーオプションのペイアウト金額は業者で決まっており、一律です。
購入しているチケットが多ければ、チケットの数にペイアウト金額を掛けた分の金額がリターンとなります。
チケットの購入価格との差し引きが利益になるのです。
この仕組みは非常にシンプルで分かりやすいので、初心者でも挑戦しやすいポイントの一つだと言えるでしょう。

予想が当たれば倍になることもありますが、外れれば購入金額の全額を失います。
デリバティブがもつヘッジという特性と、その仕組みを正しく理解し、一回当たりの投資額などをコントロールしながら、従来のFX取引と組み合わせつつ、活用したい商品です。

上でも言いましたが、商品のタイプには様々なものがありますが、もっともシンプルなのは、一定期間後の判定時の為替レートが、購入時のレートよりも上となるか下となるかを予想する二択型(ハイアンドロー)。
さらに一定期間後のレートが「何円以上、何円未満」といったレートの幅を予想する取引(ラダー)。
また、期間中に指定したレートに一度でも到達するかしないかを予想する取引(ワンタッチ/ノータッチ)などがあります。
バイナリーオプションが日本でも行われるようになって8年ほどですが、まだ一般的な知名度は高くありません。
しかし、先進的な投資家は既に始めており、取引高も拡大しています。
そのため、今後認知度が上がれば参加する投資家が増えるのは間違いないでしょう。

初心者でも感覚的に取り組むことが出来る取引形式になっているので、投資を始めてみたいならまずはバイナリーオプションに挑戦してみると良いと思います。

最初からお金投資するのに抵抗がある人の為にデモトレードを設けている業者もあるのでチャックしてみましょう。
私も初めはデモからスタートし感覚を掴んでから本番に挑みました。
ただ相場は生き物のようですから常に不規則に動いています。
そのため常に情報収集が必要ですが、地道にコツコツ資産を増やしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です